= ~Since 1912~ お客様と共に1世紀 =

ブログ

空き家の割合は過去最高の13.6%

総務省が26日発表した2018年10月時点の住宅・土地統計調査によると、国内の住宅総数に占める空き家の割合は過去最高の13.6%だった。地方を中心に人口減少などで空き家が増え、戸数も最多の846万戸に上った。東京や大阪などでも空き家率は1割を超えており、再開発に影を落としている地域もある。5年に1度実施する住宅・土地統計調査の速報値を発表した。空き家の数は13年より26万戸増え、全体に占める割合は0.1ポイント高まった。住宅総数も179万戸多い6242万戸と過去最多を更新した。住宅総数、空き家数、空き家率とも伸び率は落ちてきたものの、右肩上がりは続く。空き家のうち347万戸は、賃貸や売却用以外で長期間、不在の住宅や取り壊し予定の住宅だった。賃貸用は431万戸、売却用は29万戸、別荘などの「二次的住宅」は38万戸だった。

d0178738_09282937.jpg

d0178738_09282797.jpg

ちなみに空き家率、大分県は11番目である。
株式会社オアシス 代表取締役 得丸英利 
 問合せ先 estate@oasisu.co.jp 
TEL 097-582-1375まで

オアシスの不動産物件情報は下記をクリックして下さい。
九州の田舎暮らし(九州カントリー)を応援する。田舎ねっと九州 新規就農 田舎不動産情報の大分県由布市 株式会社 オアシス不動産部HP

オアシスのインターネットショップはオアシスプラスへオアシス本店はこちらへハッピライフはこちらへ楽天ショップはこちらへただいまランキング参加中、「ポチっ」とお願いします!!

関連記事

ページ上部へ戻る